CHTHONIC

CHTHONIC

Member

Freddy Lim 林昶佐 - Vocal, hena violin
Jesse Liu 劉笙彙 - Guitar
Doris Yeh 葉湘怡 - Bass, Background Vocal
CJ Kao 高嘉嶸 - Synthesizer, Piano
Dani Wang 汪子驤 - Drums

CHTHONIC Biography

台湾のグラミー賞と言われている「金曲奨(ゴールデン・メロディー・アワード」、「金音奨(ゴールデン・ミュージック・アワード)」「総統文化奨」を複数回にわたり受賞。

イギリスのユニバーサル・ミュージック傘下のレーベルSpinefarmと契約し、ワールドワイドに活動をしている。

欧米のKerrang、Metal Hammer、Revolver、日本のBurrn!などの人気ロック雑誌にも常連として登場し、表紙にも数回選出された。雑誌読者の投票による世界最優秀バンドの第二位となり、米紙ニューヨーク・タイムズでOzzfest 2007の最優秀バンドとイギリスのKerrang!でDownload 2013などの最優秀バンドに選ばれた。ここ数年、国際的なマーケットの開拓に力を注ぐソニックは、全世界で30か国以上、400回以上の公演を記録した。

彼らの作品のテーマは台湾の神話、伝説、歴史をモチーフとしており、そのサウンドは台湾歌謡、演歌、五声音階、歌仔戯の旋律や、台湾の伝統楽器の二胡、箏、猟首笛などを取り入れたオリエンタル・シンフォニック・メタルという独自のポジションニングを築き上げている。ヘヴィメタル本来のアグレッションや、邪悪な雰囲気に加えて、CHTHONIC独自の哀愁の漂う美しいメロディーが多くの支持を集めている。

彼らの活動は意外に古く、1995年にさかのぼる。Loud Parkや、2012年はフジロック(通算2回目)といった国内の重要フェスにも参加し、日本でも確実にそして、急速に支持を集めている。今まで行われた日本公演も毎回大盛況をおさめ、今や、メタルシーンを語るうえで、欠かす事のできない最重要バンドの一つだ。写真集を発売し、その美貌でもファンを魅了するベーシスト兼リーダーのDoris嬢、人権擁護団体アムネスティ台湾の理事をつとめる、正義のボーカリストFreddy、昨年「金音賞」でベスト・ミュージシャンの栄光に輝いたギタリスト、Jeseeを中心に、唯一無比のアジアン・サウンドで世界のシーンに一石を投じる!


CHTHONIC SPECIAL Xmas Party and Free Live